提携管理会社

不動産賃貸管理会社(以下「管理会社」)は、不動産収支に直接影響を及ぼします。

よくわからずに、何となく管理会社を決めている場合は要注意です。

弊社で提携している管理会社は、大手グループ企業でありながら、無駄な費用を省き、コスト削減を徹底しています。

ランニングコストを下げることができると、キャッシュフローが改善します。

是非、現在の管理会社を弊社提携管理会社のコストを比較しみてください。

管理会社で確認すべきポイント

賃貸管理手数料

最も分かりやすい手数料です。

管理会社に管理を委託することで、賃料総額の4~5%ほどを支払うようになっています。

賃貸管理手数料の安さを全面に押し出してくる管理会社は、逆に注意が必要です。

見えないところで高い費用を徴収される可能性があります。

物件の販売をしている会社がそのまま管理をすることが前提になっている場合は、物件の価格自体に相当な利益を乗せられている可能性があり、これも注意が必要です。

いずれにせよ、管理手数料が安すぎる場合は、疑う必要があります。

新規客付け手数料

あまり認知されていませんが、大変重要かつコストに大きな影響を与える項目です。

新規客付け手数料とは、新しい入居者が決まった時にかかる手数料です。

賃貸管理会社に支払う報酬になります。

家賃の0.5か月~1ヵ月が相場です(0か月という管理会社も存在します)。

この費用は、少ないに越したことはありません。

修繕費

一度でも退去を経験しているオーナであれば分かると思いますが、地味に重たい費用です。

修繕費は、おおよそ家賃の1か月くらいかかると思ってください。

修繕費こそオーナーから見えにくい費用であるため、管理会社は単価の上乗せを行っていたり、必要のない修繕を行ったりして利益を出しています。

弊社提携管理会社の条件

賃貸管理手数料

4%~5%です(税別)。

高いと思ってはいけません。

その他の項目を加味してよく比較してみてください。

新規客付け手数料

無料。

新規で入居者が決まった場合、手数料を一切いただいていません。

条件比較

家賃総額34万円のアパートで比較してみたいと思います。

 

【前提条件】

・2年に1回入居者の入れ替わりがあることとする

 

【比較】

全ての費用を月換算して条件を比較します。

月次費用 変更前 LandSitz提携管理会社
項目 金額 金額 差額
賃貸管理手数料 5% 18,360円 4% 14,688円 -3672円
新規客付け手数料 1か月 14,167円 0か月 0円 -14,167円
合計 32,527円 14,688円 -17,839円

 

変更前と比べ、毎月の費用が17,839円も下がりました。

家賃総額34万円のアパートになるので、その差は大きなものになります。

普段意識されない新規客付け手数料がゼロであるため、賃貸管理手数料の4%とセットで負けることはほとんどありません。

この条件で大手になるため、安心感が追加されます。

 

《計算根拠》

〇新規客付け費用

2年間に1回入居者の入れ替わりがあるため、2年間で新規客付け手数料が、家賃総額分の34万円かかる。

これを24カ月で割ると、月の数字が出る。

34万円 ÷ 24 = 14,167円

 

【別途かかる費用(1棟物件のみ)】

清掃費や消防設備点検業務でかかる費用は物件の規模により異なります。

※以下の例は、木造・鉄骨総戸数15戸以下程度のアパートを想定しております。

 

〇清掃費

月額約8,000円~12,000円+税(月2回想定)

 

〇設備点検業務

月額約2,000円~2,500円+税(月1回)

 

※既存の契約条件を考慮し、柔軟に対応させていただきます。

 

【その他】

弊社提携管理会社では、リカバリーサポートプランを導入しています。

毎月一定の金額を支払うことで、退去時の修繕費用を管理会社が負担するものになります。

例えば、20㎡以下の部屋の場合、月額1,000円です。

既にオーナー歴が長い人であれば、入居者が入れ替わるタイミングにおける修繕費が、地味に重いことを理解していると思います。

月額で一定額捻出することで、入れ替わり時の費用を固定化できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

弊社提携管理会社で不動産の運用ができると、コスト改善となります(プラス大手の安心感)。

その結果、キャッシュフローが改善します。

是非比較検討してみてください。

条件比較の問い合わせは、「お問合せ」よりお願いします。

 

※提携管理会社の活用を決めた方は、以下をご一読願います。

提携管理会社の確認事項